マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

知っ得

不穏:コロナ肺炎再来の兆し

年末年始に連休で帰省や集まりがあるのは、日本も欧米も同じです。 そしてその時期が冬という寒く、乾燥するという”かぜ”を引きやすいシーズンだというのも共通です。 今回はアメリカの現在のコロナの報道から学んでいきましょう。

ノストラダムスの大予言のヤバさ

1月1日、年が明けてすぐに能登半島を襲った大地震は世界メディアも注目しています。 そんな中、海外の複数の記事で指摘されているのが、『ノストラダムスの大予言』の的中です。 1999年に地球滅亡って騒いでたけど、2024年も予言してんのかい!というツッコ…

『半地下』と『シルミド』をつなぐ糸

あけましておめでとうございます。 年末に韓国の俳優、イ・ソンギュン氏が麻薬捜査を受けている所、公園の車内で遺体で見つかりました。 世界的にも有名になった映画『パラサイト~半地下の家族~』や『コーヒープリンス1号店』に出演されていました。 偶然…

【サク読み】祈りとコロナの関係

コロナ禍など大きな災害が起きると、人々は不安に駆られます。 その中で、何を信じるか・・・それは人それぞれ違うものです。 ”計画されたパンデミック”とか”ワクチンにマイクロチップ”とかいう頭おかしい陰謀論はさておき、今回のテーマは”祈り”です。

”最強”なのに使われない旅券

日本のパスポートは『最強』という話をよく聞きますが、実は持っている人は多くないという・・・ 今回はこの問題、学んでいきましょう~

米議員『中国産ニンニクまじ危険』

イタリアンの店の前を通ると、ものすごいおいしそうなニンニクの香りがしてきます。 翌日のニオイを気にしながら食べるという、えも言えぬスリルを容易に体感できる魅惑のニンニク。(言い過ぎかw) 今回はこのニンニクについてのニュースを見ていきましょう…

真珠湾攻撃と宣戦布告

今から82年前の12月8日、日本海軍がハワイ・オアフ島の真珠湾にある米軍艦隊と基地に奇襲攻撃をしかけました。 大人になってみて改めて、背景も含めて学びなおそうと思います。

トモダチ、パンダ、アゲルヨ

東京・上野動物園で生まれたジャイアントパンダの香香は2023年2月に中国に返還されました。 その他にも、和歌山のアドベンチャーワールドの永明、桜浜、桃浜の3匹も返還され、年末には神戸・王子動物園のタンタンも中国に返還される予定です。 今回はこの”パ…

どこもかしこも駐車場

♪どこもー かしこもー 駐車場だねー ♪どこもかしこも 駐車場だよー ・・・ 森山直太朗の歌で、サビがずっとこの『どこもかしこも駐車場』だという曲、もちろんタイトルも『どこもかしこも駐車場』なんですが(笑) さて、今回はコインパーキングがどんどん増…

戦慄!「このビール〇〇入りです」

最近は、『自然派』を追求しすぎた糸引きマフィン事件や、ベルギーで5日間常温で放置したパスタを食べて20歳が亡くなったなど、食にまつわるニュースが後を絶ちません。 今回は、”中国ビール”の話題を見ていきましょう。

ホントは怖い?!情報機関

情報機関と言えば、アメリカにはCIA、イギリスにはMI6、イスラエルにはモサドなどが有名です。 日本ではCIA構想がありましたが、新聞・世論の反対が強くとん挫し、内閣情報調査室(内調)という控えめな名前の組織が存在します。 また、韓国では国家情報院が…

【サク読み】『文化の日』の秘密

『今週、金曜日が祝日最高!!』 我々庶民の感覚はこの程度です(笑) しかし、実はこの11月3日の文化の日はある秘密が隠されています。

偽ブランド品のおはなし

コロナ禍で世界の流通が滞り、新品ブランド品が入手しにくい状況となり、中古ブランド品の人気はが高まりました。 それに相まってフリマアプリの普及で、気軽に中古ブランド品を買う人が増えています。もちろん、その中には・・・ 今回は、”パチモノ”購入の…

携帯電話で脳腫瘍できる?!

昔から携帯電話の電磁波の影響で脳腫瘍ができるなんて話がよくされていました。 今回、この辺、確認していきましょう♪

【サク読み】イスラエルとパレスチナ

ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、最近報じられるようなったのが、イスラエルとパレスチナの問題。よく出てくるキーワードがハマスとガザ地区。 この辺、私も整理したいと思いながら・・・ 思いたったが吉日

『男女産み分けは80%可能』( ゚Д゚;)

知り合いの50代半ばのDr.で、娘さんが3人いる人がいまして、3人目ができるときに『男の子が欲しい』と言うことで、ありとあらゆる産婦人科で相談したり、サプリ飲んだり、最終的にはちょっと怪しい中華占い師のところへ行ったりしたけど、『結局あかんかった…

【サク読み】高齢化社会だけど認知症減少

日本と言えば、少子高齢化の問題があるのは誰もが知っています。 裏を返せば、医療レベルが向上しているという事実が大きいです。寿命が延びても、体は間違いなく老いていきます。血管も、そして脳も・・・ というわけで、今回は最近の認知症の状況について…

米NBC『反ワクに狂わされた人生』

今回はコロナ禍以前の内容ですが、反ワクに人生を狂わされた女性をNBCが記事((https://www.nbcnews.com/news/us-news/desiree-jennings-flu-shot-anti-vaccine-media-rcna97724?s=09))にしているので紹介いたします。

ミス?故意?『漂白剤入り水』

銀座三越の中にある『銀座天一』という名門のお店で、客に間違えて漂白剤入りの水を出したというニュースがありました。 実はこの事件、背景を探ると色々な伏線が出てきます。

アメリカのチップ文化に異変

アメリカでのチップ文化がここ数年で劇的に変化しているようです。何が起きているのでしょうか。

CIAの内部告発『武漢、実は・・』

先週、アメリカのNewsweekの記事で興味深いものがありました。 何やらCIAの内部告発者が衝撃の事実を語ったとやら・・・ 今日はこの辺、確認していきましょう。

【サク読み】簡単ながんリスク軽減法

若年性の癌がここ30年間で急増していることが知られています。少しでもリスクを下げるいい方法は・・・?

世にも恐ろしいカレーの呪い

和歌山のカレー毒物混入事件の闇を知ろう。

中華式巨大回旋鏢!!

福島第一原発からの処理水放出にワーワーと言っては、日本産水産物の全面禁輸にいたった中国。その背景には内側のよろしくない状況と、外からの圧力に対して何とか”仮想敵国”を作る必要がありました。しかし、現実は・・・

【サク読み】ネット工作員”五毛党”とは

処理水の海洋放出以降、中国からの迷惑電話が福島の飲食店や官公庁にたくさん来ています。”個人のイタズラ”とも見れますが、このニュースを見たときにすぐに頭に浮かんだのは”五毛党”でした。 今回はこの五毛党について少し学んでみましょう。

中国「オミクロンの真実教えたる」

中国は2022年12月までゼロコロナ政策として、感染者が出れば建物ごと閉じ込めて一歩も外に出れないようにしたり、都市封鎖をして感染拡大を抑えてきました。 しかし、コロナ禍が長くなり、他国との状況に差に国民が愕然とし、その不満を取り除くために一気に…

【特集】処理水海洋放出がわかる!

福島第一原発の事故から12年、処理水の海洋放出が始まります。 この問題は過去にも記事にしていますが、しっかりと再確認しておきましょう~

【サク読み】中国でペスト発生!

中国のモンゴル自治区内でペストが発生したことが報じられています。 ペストは昔、”黒死病”とよばれ恐れられてきたものです。 このニュースをどう考えればよいのでしょうか??

【サク読み】『女性は感情的』?

昔から一般的に『女性は感情的』と言われます。 経験上、そのように感じる人も多いと思います。よく『男脳』と『女脳』などで説明されることもありますね。 今回はこの辺を少し学んでいきましょう~

中国のシングルマザーの苦労

昔は、母子家庭と呼ばれていたものは、最近ではシングルマザーとか、ひとり親世帯と呼び方が定着してきました。 中国でのシングルマザーの置かれた状況は、かなり厳しいようです。