マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

ブースター接種は現時点で『不要』!

日本はいつもスタートダッシュが弱いですが、慣れてきてからの安定の加速は素晴らしいです。コロナワクチンの完了者(=『フルチン』)が全国民の50%を超えました。最近よく耳にする、抗体価低下やブースターショット。この辺、スーパーわかりやすく書いてい…

『お化けなんてないさ』の科学

夏も終わりですね。 夏の風物詩と言えば、肝試しや心霊現象ですね~笑 ”夜の病院”って怪談では定番ですよね。ま、実際働き出して、夜中の病院なんて幾度となくいましたけど、そんな怖いことは一度もなかったです。 今回は心霊現象について少し科学的に学んで…

【サク読み】フルチンのコロナ禍!

段々と涼しくなって秋も近づいてきた感じがしますね。 行楽日和がね、このコロナのバカのせいで、楽しみもないもんです。 さて、週末なので、手短にユル~くコロナのupdateしておきましょう~~

ついにバレちゃった!!ブーメラン

東京オリンピックでも必死で日本蔑視パフォーマンスに固執した韓国。放射能汚染が深刻とわざわざ日本の食材は線量計で測っていました。そんな韓国の月城原発にもブーメランが来そうな勢いです。

コロナ後遺症と不思議の国のアリス

今年の春くらいまでは、「身の回りにコロナにかかった人はいない」という人は多かったのではないでしょうか。感染力の強いデルタ株の流行とともに、芸能人、周りの人などの感染も出始め、一気に自分たちに近づいてきたことを感じますね。 今回はコロナの後遺…

日本の医療の特殊性とは

先進国で、高水準の医療を施し、世界的にも長寿で有名なこの日本。 新型コロナウイルス感染症拡大で、いまや自宅療養で亡くなる人がいます。欧米と比べても圧倒的に少ない感染者数でなぜこのようなことが起こっているのでしょうか。 なぜなかなか病床を確保…

【サク読み】すっぱいブドウ <社会心理学>

オリンピック開催に対して「今やる意義がわからない」などと批判しておいて、大人数が集まるフェスに出演するミュージシャンもいます。 第3者から見れば、普通にダブルスタンダードですね。「や、外国から人来ませんから」とか「法律で禁止となってないでし…

ポリコレ ~政治的判断~

ポリコレ(PC)という言葉を政治の分野で耳にすることがあると思います。これはpolitically correct (政治的に正しい)の日本語略称です。 例えば、英語ではblack(黒人)と呼ぶのは避けられ、ニュースなどではAfrican American と呼ばれます。 日本語で言…

「電車に乗るのが怖い」

ここ最近よく聞かれるのが「電車乗んの怖くないですか?」 たしかに、日々通勤で電車に乗る人は同じ心配をしていると思います。特に東京の満員電車は怖いでしょうね(ま、乗ったことないけどw)。 もちろん、先日の小田急線のような通り魔も怖いんですが、今…

【サク読み】”ブレイクスルー感染急増”について

8月25日付のロイター通信の報道で、米・ロサンゼルスの感染者の25%がワクチン接種済みで、ブレイクスルー感染が増加しているという記事がありますね。 今回はこれについて考えてみましょう。

YOUは何処で罹ったの? ~啓蒙が重要~

9月から学校が始まることで、子供たちでの感染とその家族への拡大が非常に懸念されています。デルタ株の感染予防にはどうすればいいのでしょうか。 しっかりとした認識をもって不安を解消しましょう。

日本が下に見られる理由 ~中華思想~

チキン南蛮はおいしいけれど、揚げ物であり、あのタルタルソースとハイカロリーであります。ご注意を(笑) さて、南蛮漬けやチキン南蛮の南蛮というのはポルトガルとかのことです。しかし、なぜ”蛮”という良くない意味の漢字なのでしょうか? これを知ると…

マスクの外れたピノキオ

しれーっと嘘をつく人、周りにいませんか?当然ながらその人の周りからは段々と人は離れていきます。 ピノキオは嘘をつくと鼻が伸びるのですぐにバレます。しかし、コロナ禍でマスクをしているピノキオは、人にバレないと高をくくっていたのかもしれません。…

CDCのコロナ情報【8/31 update】

デルタ株の勢いは相変わらずすごいですね。 またペルーで見つかったラムダ株の国内感染者の報告もありました。少なくともアメリカではデルタ株が定着しており9割以上の症例を占めています。日本でも当面はデルタ株がメインでしょう。 さて、日本の方針はア…

【サク読み】高校野球とオリンピックのお金

オリンピックでの野球の金メダルの後、追いかけるように始まったのが高校野球です。昨年の夏の甲子園は新型コロナウイルス感染症の拡大で中止となっていました。 今年は何とか開催にはこぎつけましたが、学校関係者以外の観客は禁止となっています。 今回は…