マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

ニュース

最近話題のアレっていったい?わかりやすく解説します。

ブラックフライデーと”医療崩壊”

冬になった北半球では新型コロナが猛威を振るっていますが、クリスマス目前となった今、アメリカやイギリスはどういう対応をするのか見ていきましょう。さらには日本の問題点にも迫っていきましょう。

ファイト 闘う君の唄を 

普段は性善説に基づいて生きているのですが、やはりそれが通用しない人がいるのも事実です。軽く人を疑うというのも重要なのかもしれません。

コロナの第3波の恐怖と対峙

僕に会うたびに必ずコロナの話を聞いてくるおじさんがいる。 「先生、また増えてきてますね~ どうなんですか?」もはや口癖になっているようです。定年退職されており、年齢的には”リスク高”と言われるので不安でいっぱいと言います。 ちゃんと知ればそこま…

コロナで政策転換はやむなしか

韓国の文 在寅大統領の政策に『財閥経済打破』というものがあります。韓国経済は財閥依存であり、大きな利権や権力をもつ財閥の力を弱めたいのが狙いですが、コロナ禍でそうも言っていられなくなったようです。

『ゼロコロナ』の国の最近

新型コロナウイルス感染症の第3波のニュースで持ちきりの日本ですが、かたや感染をうまくコントロールしている『ゼロコロナ』の国では別のニュースが出ています。

一筋の光

ファイザー社らが薦める新型コロナワクチンの治験での初期解析で、90%以上の人にワクチンが有効であるという結果が出ました。このニュースをどのように見ればいいのでしょうか?

新規感染症はなぜ特定の地域からの発生が多いのか

気温の低下に伴い、低温・乾燥とウイルスにとっちゃ格好の季節になりました。これから新型コロナとインフルエンザの同時流行の可能性も指摘されています。そんな中、鳥インフルエンザもまたニュースで見かけるようになりました。

「ハードルが高い」

韓国:インフルエンザワクチン接種後に死亡した高校生の死因は・・・「自殺」。この件について少し覗いてみましょう。徴用工問題で話し合いも進展なし、こちらも見ていきましょう。

ツインデミック ~インフルワクチンは打つべきか~

韓国とブラジルからワクチンに関連するニュースが入ってきました。世界中で物議をかもしていますが、内容をちゃんと読まずにタイトルだけで過剰に反応する人たちも多く、混乱を招いています。さて、私たちはこの冬インフルエンザワクチンを打つべきなのでし…

ラグビーと台風と白菜

今年朝鮮半島に上陸した台風の数は5つと史上最多でした。特に台風9号・10号は大きな痕跡を残し、白菜の生産が大きく影響を受けました。毎年この時期にはキムチをつける韓国では問題となっています。

大統領とブランコ

アメリカ大統領選挙は間接選挙制です。国民が直接候補に投じてその総数で決まるわけではありません。今回はアメリカ大統領選にまつわる周辺知識を固めていきましょう。

不思議な因縁 ~新型コロナの真相とは~

新型コロナウイルスの発生源は紛れもなく中国・武漢であると共通認識であると思います。今回は、ここにアメリカと中国の不思議な因縁があることをお話し使用と思います。

4億人の大移動、5兆円を作り出す

新型コロナの最初の感染中心地となった武漢では観光客であふれているようです。そう、中国は国慶節などの8連休中です。外出規制からの「リベンジ旅行」で中国は活気を取り戻しつつあります。

”哀” の不時着 ~ネタバレあり~(笑)

韓国・海洋水産部の職員が北朝鮮軍により射殺された事件について少し深く学んでみましょう。

朝鮮半島の姓について知ろう

日本では名字の種類はものすごく多く、約30万あるといわれています。中国や韓国ではうんと少ないのですが、不思議な制度がありました。同姓不婚について学びましょう。

アウトローは外角低めじゃないのね

カリフォルニア州知事令で2035年までに同州で販売される自動車はすべて排ガス0出ないといけないとなりました。この州知事令に関するニュースを少し詳しく見ていきましょう。

アメリカ大統領選のファクター

国連総会の演説でアメリカのトランプ大統領は「中国ウイルス」や「中国に責任を取らせよう」と強く批判を行いました。その裏側について見ていきましょう。

5年に一度のおたより

国勢調査は何のためにやるのか?そしてなぜこんな名前なのか? たくさんの謎を解いていきましょう。

善い副作用??

善い副作用? 副作用は本来の目的と違う結果を生み出すので悪いものとされますが、ときに想定外のいい結果を生むこともあります。

二兎を追う者は一兎をも得ず?

通常のワクチン開発は5~10年かかると言われています。今回の新型コロナワクチンは発生から1年少しでの開発を目指しています。少しこのあたり、学んでいきましょう。

コロナでもオリンピックは開催します!に秘められたもの

延期となったオリンピックは2021年にコロナの状況によらず開催の予定となりました。延期するのにも費用がかかり3000億とも6000億とも。今回はオリンピックのお金について少し見ていきましょう。

台風について少し掘り下げて考えてみよう

今回は台風にまつわるニュースから話を広げていこうと思います。台風の語源、発生過程などわかりやすく解説していきます。

習うより慣れよ ~政治の英語記事も慣れるのみ~

政治記事を英語で読めるようになるには最低限のbackground を学ぶ必要があります。今日は日本の政治の基本を学んでみましょう。

GSOMIAを一から繙いてみよう

「GSOMIA破棄」を外交カードに使う韓国ですが、結局いつも土壇場で「延長」しますね。これには深い事情があります。この問題一から学んでみましょう。

医師のストライキ

7月以降の第二波はピークを迎え、これからは少し収束に向かうことが予想されます。お隣・韓国ではここ2週間で急増しています。そんな中で若手医師のストライキも起こっています。

徴用工問題を年表から考える

慰安婦問題に続いて大きい徴用工問題。戦後75年経ってもいまも続けられる論争。政治問題化によりお金を儲ける人たちが存在することも事実。今一度年表から冷静に振り返ってみましょう。

たまには復習も重要だね

新型コロナは高温多湿に弱いから夏には終息する。こういう嬉しい説が春にはありましたが、残念ながら今の状況とは合致していません。現在の状況を数字で見てみましょう!そして、過去言われた説を振り返ってみましょう。

国民盆に帰らず

今年のお盆は規制自粛で、人出も大幅に減少しています。ホテル・観光業界だけでなく、鉄道会社・飛行機会社も大打撃を受けています。現世にも残る「5人組」の監視体制。いまは戦時中ですか?という雰囲気。

新型コロナの予防薬?

日本では一切報道されていないニュースで、香港のウイルス研究者の話があります。新型コロナの研究をしてつかんだ秘密を世界に知らせる為に渡米した彼女の話を見てみましょう。

コロナ禍の経済はどうなっているか?

コロナとは半年以上の仲になってしまたのですが、いよいよ世界的にも経済ダメージが数字となって表れてきています。これから『経済死』がコロナ死を超えてしまう可能性も十分にあります。