マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

ニュース

最近話題のアレっていったい?わかりやすく解説します。

新型コロナと”だいたい”肉

この頃よく『人工肉』とか『代替肉』というワードを耳にしませんか?実はこれも新型コロナとも関係アリなんです。今回はこれを学んでみましょう。

コロナの『出口』は見え始めた・・・

オミクロン株の影響で、日本国内でもものすごい勢いで感染が拡大しています。ここ最近、欧米ではコロナ禍の『出口』についての議論が出てくるようになっています。

オミクロン株と日米地位協定

年を明けてから感染拡大となり、「またかよ」の空気になりました。 今回は、最初にコロナの現況と、在日米軍の地位協定と2つ見ていきましょう。

韓国の大統領の末路はなぜ悲劇か

今年の3月にはお隣・韓国では5年に一度の大統領選挙(テソン)があります。今回はこの大統領選挙について予習をしておきましょう♪

英国下院で『コロナ起源』証言

みなさまあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 新型コロナウイルスがWHOに初めて報告されてから2年がもう経ちました。何事もそうなのですが、事件・事故が起きたときに一番重要なのは、原因究明と再発防止です。 原因究明は当…

年末の学び ~コロナ 世界の現況~

今年も残すところあと数日。 コロナの落ち着いていた日本でも微増フェイズに入っています。 今年最後に、世界の現在の状況を見てみましょう~

ノババックスワクチンの重要な役割

ノババックスのコロナチンがEUで承認されました。日本でも承認はもうすぐでしょう。 今回は、これについて見ていきましょう。

濡れ衣を着せられた牡蠣

幸い日本の新型コロナ感染症の流行状況は引き続き低い水準で保てています。 発熱やかぜ症状を起こすのはコロナだけではありません。周りにも発熱した人はいるんじゃないでしょうか? 去年は流行しなかった病気がいま流行っています。

中国:女子テニス選手失踪の裏側

中国の女子テニスプレイヤーの彭 帥(ポン・シュアイ)選手(35)の性的暴行告発から1か月以上の時が過ぎました。なぜか中国政府関連のツイッターで彼女の安否を表すメールや動画が公開され、そこにIOCのバッハ会長が出てきたり。 今回はこの一件の裏側を見て…

オミクロン株は"かぜ"レベルなのか?

通常、新たな感染症は最初たくさんの人を殺しますが、ウイルスは死者の体内では増殖できないし、死者が飛沫を飛ばすことがないので、このような致死率の高いウイルスは長期には存在しません。 自然の摂理で、感染した人を殺さずどんどん感染させるウイルス、…

外国人の高額医療費問題の裏側

”失われた30年”とも言われる日本の経済。経済成長なし、賃金上昇なし、なのに海外では物価が上がっているので輸入原材料などの値上げで日本の物価も上がる。 しかし、日本にも他国に誇れることはあります。国民皆保険という素晴らしいシステムがあるおかげで…

南アフリカ発 新変異株:オミクロン

ここ最近の日本は、コロナ前の世界にタイムスリップしたような、束の間の平和が訪れていました。(ま、経済の話は抜きで・・・) ところが、またまた何やらきな臭い話が聞こえてきました。南アフリカで見つかったオミクロン株です。 まだ、多くはわかってい…

この冬は第6波は来ないかも??!

世界の状況を見ながら日本の第6波について考えてみましょう。

『日本人の賃金が上がらない』大きな一因

日本の賃金がずっと上がっていないということはよく耳にします。理由は不景気だったり、円安政策だったりもありますが、雇用形態も大きな一因です。 今回は日本の非正規雇用について学んでみましょう。

実は相当ヤバい!韓国の尿素水問題

韓国で尿素水がピンチ!ってのはみなさんニュースで少しはご存知かと思います。 ところで、ただ単に尿素水が足りなくてヤバいというだけではないんです。この問題を掘り起こせば『相当ヤバい』という事実に気が付きます。。

シンガポールで感染爆発!から学ぶ

シンガポールはワクチン接種完了率84%で、現在感染者が爆発しているという報道を見かけますね。 今回はこのニュースを深堀りしてみましょう。 日本のちょっと先が見えるかもしれません。

インフルエンザとワクチンの教養

インフルエンザワクチン不足!なんてニュースを見かけますね。 コロナワクチン大量生産で材料が足りないのが原因です。さて、今回はインフルエンザワクチンについて少し詳しくなってみましょう♪

韓紙 ”お金で買った韓国ブーム”

最近、NETFLIXで世界的に人気の오겜(イカゲーム)ですが、わたくしは見ておりません(笑) そんな中、『世界中で韓国旋風』その根拠とされている、ある動画の真相が暴露され、色々と話題となっています。 今回のテーマは、嘘から出た誠です。

中国高速鉄道の光と影

世界で一番最初に200km/hを超える高速鉄道が走ったのは1964年の東海道新幹線の開通です。以降、欧州を中心に高速鉄道が普及しました。 アジアでは2004年に韓国でKTX開通、2007年に台湾高速鉄道と、中国高鉄が開通しました。その後、中国は社会主義の力全開で…

日本の”収束” -- 海外の反応は?

日本にいると、目にするニュースの大部分は日本の事柄です。ま、当たり前ですが。 ときどき、さらに広い視野で物事をつかむためには海外からどう見られているかなども非常に参考になるものです。 今回は、日本の第5波の収束がどのように見られているのか探っ…

【驚愕】イベルメクチン問題の闇

去年はコロナに「アビガンを使え!」と自称専門家たちがワーワーと言っていましたが、今年はイベルメクチンでしたね。笑 以前も記事にしましたがイベルメクチンは大規模なメタアナリシスで効果があるとは言えないとなっています。 医学は科学であり、エビデ…

2019年夏既に流行 & 次のパンデミックは・・

with コロナ への道を進めようとしている日本では『最恐』とされたデルタ株による第5波を乗り越えたようです。正確な理由はわかりませんが、ワクチンが進みながらもしっかり感染対策を続けていることなのでしょう。 コロナ起源についてはまだ不明点が多いで…

日本の第5波はなぜ収束したのか?

世界中で対応に苦慮しているデルタ株感染が日本で急減し収束している正確な理由はまだわかっていないのです。

『”週4勤務”は大成功』のおはなし

働き方改革という言葉はよく耳にします。これは、少子高齢化の日本において、今後は労働力の低下が予想されます。 そこで、育児や介護と仕事が両立できるように、などと言った”多様”な働き方ができる社会を目指すものです。 そんな中で最近よく英語圏の会話…

ご成婚問題 英国での報道を見る

NYから"侍"が帰国し、コロナを忘れさせるほどの報道の過熱ぶり。 ま、いみじくも第5波が相当落ち着いたタイミングですからマスコミは別のネタに奔走するわけであります。 さて、日本の皇室というのは、初代・神武天皇から2680年も続く、世界一歴史の長い王室…

2022年 コロナ終息?その後は?

終わりの見えないコロナ禍において、ここ最近気になる報道が目につきます。『コロナ2022年終息』説や『デルタ株が最後の変異』説といった明るい話題です。 ちなみにこれは、ネット上で誰かが適当に言ったことではないんです。 今回はこれらの説の真意を見て…

アメリカとメキシコの国境問題

ハイチからの難民がアメリカとメキシコの国境に押し寄せていることが報道されています。少し前はホンジュラスからアメリカを目指す難民の問題もありました。 日本は島国のため、このような問題とは基本的に無縁です。今回はこの問題を背景から学んでみましょ…

ブースター接種は現時点で『不要』!

日本はいつもスタートダッシュが弱いですが、慣れてきてからの安定の加速は素晴らしいです。コロナワクチンの完了者(=『フルチン』)が全国民の50%を超えました。最近よく耳にする、抗体価低下やブースターショット。この辺、スーパーわかりやすく書いてい…

【サク読み】フルチンのコロナ禍!

段々と涼しくなって秋も近づいてきた感じがしますね。 行楽日和がね、このコロナのバカのせいで、楽しみもないもんです。 さて、週末なので、手短にユル~くコロナのupdateしておきましょう~~

バレちゃった!!韓国原発ブーメラン

東京オリンピックでも必死で日本蔑視パフォーマンスに固執した韓国。放射能汚染が深刻とわざわざ日本の食材は線量計で測っていました。そんな韓国の月城原発にもブーメランが来そうな勢いです。