マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

ニュース

【サク読み】最近よく耳にする『線状降水帯』

台風14号は日本列島を縦断するように通過していきました。 地域によっては『線状降水帯』が発生し、激しい雨を記録しました。 今回はここ最近よく耳にするこの『線状降水帯』について軽く学んでみましょう。

『ロシアと戦争』を国民投票!

今年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻から早半年が過ぎました。この戦争は一向に終わる気配がありません。 ここにきて、第3の国がロシアとの戦争について国民投票を行うというニュースが出てきました。 今回はこれについて学んでみましょう。

世界は『共生』、それでも『封城』

世界的に新型コロナとの共生、いわゆる "with コロナ"の流れになっており、日本でもついに感染者の自宅療養期間の短縮が決定しました。 さて、そんな中、今もゼロコロナを継続する中国では、また複数の都市で”封城”(中国語でロックダウン)が行われています…

【サク読み】アルゼンチンで謎の肺炎出現

アルゼンチンで9人が謎の肺炎にかかり、3人が死亡したという情報が入っています。 新型コロナ以降、原因不明の肺炎や肝炎などのニュースを目にする機会が増えています。それだけ世界中が敏感になっています。 今回はアルゼンチンの謎の肺炎を少し詳しく見て…

日本の近未来?米・コロナの禍根

「アメリカでは誰もマスクをしていない」「コロナを気にしてるのは日本だけ」 残念ながら、こういう主張は、自分の主義主張に合う理由を探して、アメリカの都合のいい部分だけを強調しているだけです。 今回は、アメリカの現在の状況を少し覗いてみて、日本…

男性が短命なのは運命だった

日本人の平均寿命は令和3年で、男性が81.47歳、女性で87.57歳でした。 男女差は昔から見られ、日本では6年ほど女性が長生きです。男性の方が、暴飲暴食・喫煙などワイルドな生き方をする人が多いから?なんでしょうか。 今回は最新の研究でわかった事実をの…

大統領府『対日あおり運転』許可

韓国で尹大統領就任以降、前 文政権での出来事の再調査がなされています。 文政権では親北人物がタスクフォースに入り、韓国国家情報院のサイバーを検閲していたこともわかりました。 今回は、また新たな問題が見つかりました。あのレーダー照射の件です。

ワクチン接種後の脳出血について

新型コロナウイルス感染症のワクチンは世界中で既に50億人以上の人が1回以上接種しています。膨大なデータが蓄積してきており、同時に安全性についても調査が進められています。 最新のデータを元にこの問題について考えていきたいと思います。

ロシアでクーデターが起こらない理由

ロシアによるウクライナへの侵攻からまもなく半年を迎える中、一向に戦いが終わる気配はありません。2国だけでなく、流通の問題やインフレの波が世界中に影響しています。 戦争はいつどのようにして終るのでしょうか?なぜ、ロシアのエリートは戦争を止めな…

これからコロナ感染者が減る理由

世界的には『コロナと共存』へ向かっており、ある程度の死者数は受け入れて社会を回す方向で進んでいます。 今回は、日本の状況を客観的に見て、どういう方向に進んでいるのか見ていきましょう。

ペロシ議長の訪台と安倍首相

アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問のニュースが大きく報道されています。今回はこのペロシ議長の訪台について少し背景を学び、さらに安倍元首相との不思議な関係についても学んでみましょう。

『孔子学院』について学ぼう

つい先日、突如あるニュースが出てきました。 兵庫医科大学が孔子学院を閉鎖したというもの。以前から、『中国スパイ養成所』という噂のあったものです。 今回はこの孔子学院について学んでみましょう。

ガソリン価格の裏側を知ろう

値上げ、値上げ、値上げ 日本では給料は上がらないのに、値上げが続き、国民の生活へ影響しています。通常は、年2%のインフレは理想と言われますが、それは賃金も上がるのが前提です。 現在の値上げの要因は新型コロナ、ロシアによるウクライナ侵攻などなど…

『サル痘は主にゲイ間で感染』なぜ言わない?

日本国内でもサル痘患者が出てきたことで、報道の頻度が増えています。 以前、サル痘について記事にしましたが、基本的にはゲイ同士の間で広がっています。 もちろん、マイノリティーへの配慮は必要ですが、どのような人がハイリスクなのかを知らせることは…

ケンタウロスは日本では広がらない?

第7波に入って、ものすごい勢いで感染拡大が続いています。 メインはBA.5によるものですが、ここ最近日本でも見つかった新たな変異”ケンタウロス”について今回は学んでいきましょう。

第7波でも1万人以上の死者

日本での新型コロナの新規陽性者数が前週比2倍という絶賛急増中であります。 メディアでは、オミクロン株以降、手のひらを返したように楽観的な報道が目立ちますが。 今回は、BA.5の報道のさらに一歩先について、データを見ながら学んでみましょう。

『特定の宗教団体』と『元海上自衛官』

安倍元首相が銃撃された事件が世界に衝撃を与えました。個人的にかなり好きな政治家だったのでショックです。 そんな中、逮捕された山上容疑者の報道は、いつもながら日本のメディアの謎が見られました。隠すところとわざと示すところ。 今回はこの辺のぞい…

『コロナ公表』の裏に大きな問題?

2022年の5月になって”初めて”コロナ感染者が発生したと公表した北朝鮮ですが、収束どころか、”終息”間近のようです。 ま、もちろん、発表のすべてが『事実』ならばですが・・・ 今回はその続報です。

『アニサキス急増』の実態

最近、有名人が痛い目に遭ったことでよくTVで登場するアニサキスですが、いままで存在を知らなかった人も多いのではないでしょうか。 最近の報道を見ると、コロナ禍にアニサキスが急増しているように思えますが、実態はどうでしょうか?

BA.4 と BA. 5 の意味するものとは

昨年末にオミクロン株の流行が始まり、日本でも遅れて入ってきました。 その後、マイナーチェンジしたBA.2というものが見つかりました。2~3月の寒い間は日本でも暴れましたが、それ以降はわりと静かになりました。 しかし、世界では現在BA.4, や BA.5が大き…

新政権で変わり始めたこと

韓国の大統領が変わってから1か月半。 あまり目立ったニュースは見られませんが、今月末にスペインで日米韓の首脳会談が4年9ヶ月ぶりに行われることになりました。文政権が終わって、やっと連携を取り戻そうという動きといえますが、今回も日韓の2国での首脳…

『コロナ対策、日本は超優等生』

日本という国は、本当に不思議で、世界に誇れる部分が多々あるのに、メディアをはじめとして自虐が大好きなことです。 世界的に見て日本のコロナ対策は非常に優れていますが、それでも小さなマイナスの部分に目をつけてギャーギャー騒ぐ。 今回は、日本のコ…

時代遅れ?日本の終身雇用

『失われた30年』という言葉をよく耳にします。 日本はこの30年以上、経済成長も乏しく、国民所得も上がっていません。傍らで、アメリカをはじめとする先進国や、お隣の国・韓国も国民所得は順調に右肩上がりです。 この議論をするときに、「日本には終身雇…

WHO『情報提供もらえずわかりません』

新型コロナウイルス感染症が武漢で確認されて早2年半が過ぎました。(ま、実際はもう少し前から流行していた可能性が高いですが) 新規感染症と言うのは今まではヒトには感染しなかったウイルスが突然変異してヒトに感染するようになったものです。これから…

【サク読み】シンガポールでデング熱緊急事態

シンガポールでデング熱が!!というニュースを見た方もおられるでしょう。 今回はこの件について学んでいきましょう。

脱サラコンビニオーナーの現実

子供の時に、「○○君のお父さん、脱サラしてコンビニ経営始めた」的な話は何度か耳にしました。”社畜”と揶揄されるサラリーマンを辞めて、自らの城を築く! コンビニ経営なら特別な資格や特殊技能も不要で、参入ハードルが低いと言われていますが、実態はどう…

”愛の不死薬” ついに接種開始

自称:世界唯一のコロナフリーの国であった、北朝鮮は急遽大量な『発熱者』を出し、ついに世界の仲間入りをしました。 早期から国境封鎖し、コロナがない国であったので、ワクチンも必要ないとしてきました。ところが、状況は変わったようです。

【サク読み】サル痘感染症報道の謎

ここ最近メディアでよく耳にする『サル痘』という感染症。 たしかに新たな感染症が広がるのは気持ちのいいモノではありませんが、今回はこのサル痘に関して報道を見ながら学んでいきましょう。

【サク読み】インフルエンザ復活の兆し

コロナ禍に入ってインフルエンザの流行が2年連続ありませんでした。日本だけでなく、海外も同じ現象が起きています。 世界では、コロナとの共存に舵を切っており、規制を撤廃するようになっておりますが、そんな中、インフルエンザが復活の兆しを見せていま…

民主主義までのいばらの道

日本は戦後、強制的に民主化され、現代では当たり前のものとなっています。 しかしながら、独裁政治から民主化を勝ち取るには甚大な犠牲があります。中国を見ればわかりますね。 今回は42年前5月に起きた光州事件に焦点を当てて、韓国の民主化までの道のりを…