マルチリンガル医師のよもやま話

マルチリンガル医師の世界観で世の中の出来事を綴ります

MENU

ラグビーと台風と白菜

今年は新型コロナであまり happy な出来事はありませんが、振り返れば昨年の今頃は日本中がラグビーの熱気であふれていました。本当にラグビーを愛する者からしては幸せな瞬間でした。

そろそろラグビーが恋しいです。年が明けて1月からトップリーグが開幕するのでぜひ Go to イベント しましょう(^^♪

f:id:jonny1205:20201020095353p:plain

スコットランド戦

2019年10月13日 1次リーグの最終戦で日本は格上のスコットランドを破り、悲願の決勝トーナメント進出を決めました。前日に大型の台風19号が日本中に被害を遺しており、その試合の開催自体も危ぶまれていました。

僕も飛行機が飛ばず新幹線のチケットを急遽取って横浜へ向かったのを覚えています。中止になれば引き分け扱いで勝ち点で上回る日本は自動的に決勝トーナメント進出となり、スコットランドは自動的に敗退となることがわかっていました。

下馬評的にはスコットランドが勝つとされていました。また、スコットランド代表の監督も「もし中止にしたら法的措置に出る」と主催者ワールドラグビーに脅迫ともとれる問題発言*1をしました。

主催者側としてはワールドカップの過密スケジュール上、日程変更は難しいこともあり、その監督の発言には不快感を示しました。ちなみに他3試合はこの台風のため中止となりました。

結局当日朝の段階でもスタジアム周囲は水浸し、ボランティアの方々の懸命な努力でスポンジに吸って排水を行うなどし、予定通りの開催にこぎつけることができました。

あの日の勝利は、日本全体が一体となった ”ONE TEAM” のもたらした勝利だと、思い返すといつも胸が熱くなります。

台風について学ぼう

www.multilingual-doctor.com

 

今日のニュース

さて、台風関連で今日のニュースに行きましょう。

f:id:jonny1205:20201020100644p:plain

Japan Times より一部引用

今回も難しい部分はありません。アクセントを注意しなければいけないのは catastropheferment です。しっかり確認しておいてくださいね。

season というのは、シーズニング(調味料)と言う言葉からわかるように味をつけるという意味があります。

pungent というのはあまり聞きなれない人も多いかと思います。中国料理など食べに行ったときに、唐辛子による辛いを表すときに使われます。hot や spicy よりももっと強いイメージですね。とりあえず漢字の【辣】だと思ってください(笑)

中華料理?中国料理?

www.multilingual-doctor.com

最後に due to ~。これはニュースや、論文などの中でしょっちゅう出てきます。僕たちが医学論文を書く時にもよく使います。例えば、respiratory distress due to COPD(COPDによる呼吸困難)とかです。

他にも on account of ~ とかも堅い表現としてはあります。会話では because of  のがよく聞きますね。

さて、記事の内容はいいですかね?この夏に朝鮮半島を直撃した複数の台風により白菜がダメになってしまって価格高騰(60%以上)し、キムチの生産も打撃を食らっているという内容でした。

記事では白菜を単にcabbageとしていますね。一般的には Chinese cabbage と呼ばれています。他にも napa cabbage と言うのも聞いたことがあります、これは日本語の「菜っ葉」からできているらしい。

 

夏と秋の台風

普段、台風って南西から北上してきて日本に恨みでもあるのかってくらい列島に沿って通過していくイメージはありませんか?

夏の時期は日本列島周囲には太平洋高気圧が張り出しているので、8月などに来た台風(低気圧)は日本列島には近づけず迂回するように通過します。台風9号、10号がそのような感じでしたね。そのまままっすぐ北に向かって朝鮮半島へ向かいました。

f:id:jonny1205:20200905123831p:plain

夏の台風 ~台風9・10号~

その後、夏型の高気圧が勢力が弱まってくると台風は日本の緯度ら辺で偏西風により西から東に流されるためちょうど日本列島に沿うように北上していくのです。これが一般的な秋の台風ですね。

過去を振り返ると11月に台風が来たのは観測開始後1回?だったと思います。寒くなってますから海水の上昇気流ができないんです。なので台風ができない。

f:id:jonny1205:20200905122043p:plain

台風の発生

上図(右)のように日本の南の海水温が高くどんどんと水蒸気が上空にできるのが台風の始まりです。

朝鮮半島の台風

先ほど書いたように今年は9号・10号が日本を避けてまっすぐ北上し朝鮮半島に甚大な被害をもたらしました。実は今年は台風4・5・8・9・10号の計5つの台風が朝鮮半島に上陸しました。これは異例なことなのです。

実は朝鮮半島に上陸する台風は毎年1つくらいなのです。そういう意味で、韓国の人たちから見たら日本は地震・台風の自然災害の多い国と言う風に考えられています。悪意のある人たちはそこに”放射能”というのもまとめてくることもありますが、ま、それは置いておいて・・・(実はソウルの放射線量が東京の3倍だなんて事実は当然知らないことでしょう・・・)


キムチは文化

記事本題に戻りましょう。異例の5つの台風が襲った今年、特に台風9・10号は朝鮮半島に大きな爪痕を遺しました。それにより白菜が取れず、価格がも上がってしましった。

f:id:jonny1205:20201020135014p:plain

実はいまくらいの冷え込む時期になると毎年、韓国の家庭では冬に向けてキムチを大量に作って漬けるのです。これを김장(キムジャン)といいます。それを保存するためのキムチ冷蔵庫などもあるのは有名ですね。

韓国語でキムチは김치(Kim・chee)なのですが、日本人が発音すると Kim"u"chi になります。昔、KARAのメンバーが日本のTV番組で日本語式にキムチと発音したことで韓国内で大批判を食らったのはもう10年も前なのですね~。

写真を撮るときにも日本では「チーズ」ですが、韓国では「キムチ―」と言います。ま、本当は「い」の音がスマイルになるので cheeze も日本語式に「ち~ず」発音すると笑顔でなくなるんですよね~笑

ま、このくらい朝鮮半島の文化にはキムチは大きな役割を果たしています。

 

キムチの歴史

朝鮮半島とキムチの文化を考えると何百年も前から続く食べ物かと思ってしまいます。過去の書物を見ると13世紀ごろにも同じように冬に向けて漬ける食べ物がありますが、唐辛子を使わず、私たちの知っているキムチとは大きく違うようです。

朝鮮半島には16世紀になって日本から唐辛子が伝わりました。それ以降、唐辛子を使うようになったようです。しかし、1800年代に入ってもまだ見た目は大きく違っており、今のように真っ赤なものではありません。唐辛子は切らずにそのまま入ったもので、白菜の浅漬けに見た目は近いです。

要は、現在我々の知る”キムチ”と言うのは比較的最近の食べ物なんですね。

ソウルにキムチ博物館があるので、興味があれば、コロナが終わった後にぜひ訪れてみてください。

f:id:jonny1205:20201020172658p:plain

キムチをたくさん食べると

キムチを食べるから韓国ではコロナ感染者が少ないなんていうフランスの研究がありましたね。たしかに発酵食品により免疫機能が高まることは知られています。

しかし、キムチをたくさん食べるのも問題です。これはキムチに限らずですが、塩分の多く含まれるものをたくさん食べると、高血圧になる可能性があります。韓国人男性の1日塩分摂取量は13g以上とも言われていますので、11gともいわれる日本人よりも多いです。(※研究により色々データはありますが・・・)この塩分摂取の原因が主にはキムチだと言われています。

僕も好きなのですが、唐辛子!これにはカプサイシンが含まれているのは有名ですね。

これに関しては少量なら胃によくて大量だと胃潰瘍になるとか、韓国の研究でカプサイシンは癌を引き起こすなどの研究もあります。逆に癌を抑制するという話もあり一定のコンセンサスはまだありません。

いずれにせよ、何事も適量がいいのですね~

 

ではまた(^^ノ

*1:後に罰金約950万円と謝罪文が要求された